労働保険事務組合 岡崎商工会議所

○委託できる事業所は
 岡崎商工会議所の会員であり、常時使用する労働者が下記の範囲であること
金融・保険・不動産・小売業 50人以下
卸売・サービス業 100人以下
その他の事業 300人以下

○委託のメリット
1.労働保険料の申告・納付、雇用保険の手続きなどを事業主に代わって行ないます。事務の手間が省けます。
2.労働保険料の額にかかわらず3回分割納付

3.労災保険に加入することができない事業主や家族従事者なども、労災保険に特別に加入することができます。
○労働保険料は
   労災保険料雇用保険料労働保険料
  
・労災保険料(保険料は、全額事業主の負担)
   賃金総額(労働者に支払った賞与等を含めた総額)×労災保険率
    労災保険率は、事業の種類により2.5/100089/1000までの範囲に分かれています。
  
・雇用保険料(保険料は、事業主、被保険者それぞれが負担)
   賃金総額(被保険者に支払った賞与等を含めた総額)×雇用保険率

     ※平成24年4月1日より、雇用保険率が改正されました

事業の内容 雇用保険率 事業主負担率 被保険者負担率
一般の事業 13.5/1000 8.5/1000 5/1000
建設の事業 16.5/1000 10.5/1000 6/1000

○労災(補償)給付の内容

・療養(補償)給付
 労働者が業務上または通勤による傷病により療養を必要とする場合に、原則として傷病が治癒するまで無料で療養を受けられる制度です。
・休業(補償)給付
 労働者が業務上の事由または通勤による傷病の療養のために休業し、賃金を受けない日の第4日目以降から支給されます。休業1日につき給付基礎日額の60%、その他に特別支給金として給付基礎日額の20%が支給されます。
・傷病(補償)給付
 療養開始後1年6ヶ月経過しても治癒せず、傷病等級(第1〜3級)に該当するとき給付基礎日額の313日〜245日分の年金が支給されます。
・障害(補償)給付
 傷病が治癒したとき身体に一定の障害が残った場合、障害等級第1〜7級の場合は給付基礎日額の313131日分の障害(補償)年金が、第8〜14級の場合は給付基礎日額の50356日分の障害(補償)一時金が支給されます。
・遺族(補償)給付
 労働者が業務上の事由または通勤により死亡した場合に支給され、遺族(補償)年金と遺族(補償)一時金の二種類があります。
 遺族(補償)年金は、遺族数に応じ給付基礎日額の153日分〜245日分の年金が支給されます。
 遺族(補償)一時金は、遺族(補償)年金の受給権者がいない場合に、一定範囲の遺族に対し給付基礎日額の1000日分の一時金が支給されます。
・葬祭料(葬祭給付)
 葬祭を行なった者に対し、315,000円+給付基礎日額の30日分または給付基礎日額の60日分のいずれか高い方が支給されます。
・介護(補償)給付
 一定の障害により傷病(補償)年金または障害(補償)年金を受給し、かつ、現に介護を受けている場合に月を単位として支給されます。
 常時介護の場合は、介護の費用として支出した額が104,970円を上限として支給されます。
 ただし、親族等の介護を受けていた方で、介護の費用を支出していない場合または支出した額が
56,950円を下回る場合は、一律56,950円が支給されます。
 また、随時介護の場合は、介護の費用として支出した額が52,490円を上限として支給されます。
 ただし、親族等の介護を受けていた方で、介護の費用を支出していない場合または支出した額が28,480円を下回る場合は、一律28,480円が支給されます。

給付内容の詳細については、お近くの労働基準監督署にてご確認ください


トップに戻る

〒444−8611 愛知県岡崎市竜美南1丁目2番地
TEL(0564)53−6500
FAX(0564)53−0101
岡崎商工会議所 
担当 今泉・杉野